« 本日の散財 | トップページ | IPPONグランプリ~秋の陣(10/5) »

世にも奇妙な物語20周年SP・秋(10/4)

『世にも奇妙な物語』20周年記念!!の第2弾。
春は人気番組とのコラボでしたが、今回は「人気作家競演編」ということで、京極夏彦や宮部みゆき、東野圭吾など、人気作家の作品を映像化。

まず1本目は、京極夏彦の「厭な扉」、主演は江口洋介。
話としてはループモノなんですが、まぁ、なんの解決もされないのが『世にも奇妙な物語』っぽいですな。この手の話はわりと好きなんで楽しめました。

2本目、万城目学「はじめの一歩」、嵐のリーダーと田中麗奈主演。
ほのぼのコメディー系。オチが彼女の方の願いだったのはちょっと意表をつかれた感じで良かったなぁ。この手のは絶対1本は欲しいよなぁ。

3本目、朱川湊人「栞の恋」、主演は堀北真希。
ショートドラマなのに昭和40年代っぽさを出しているのがすごいな。
物語のオチはなんとなく想像がついたんですが、それよりも、タイガースのサリー!!ヒロインがサリーのファンっていう話の直後に、岸辺一徳氏、本屋の主人で登場!!…には、ちょっと吹いたわぃwナイスキャスティングw。

4本目、東野圭吾「殺意取扱説明書」、主演は玉木宏。
ネタとしては面白いけど、オチは『世にも奇妙な物語』中ではもっともオーソドックスかもしれないなぁ。

5本目、宮部みゆき「燔祭」、主演は広末涼子と香川照之。
…って、『龍馬伝』の加尾と岩崎弥太郎ぢゃないかっ!!…オイラ的にはキャスティング的にちょっと微妙かも(単純にちと時期が近すぎる気がするだけなんだけど…)。
んーまぁ、作品の性質上なんだけど、今回あんま広末可愛くないなぁ…。

といった5本でした。まぁ、今までの『世にも奇妙な物語』の中では流石に全体的にストーリーのクォリティは高めだったような感じがします。

|

« 本日の散財 | トップページ | IPPONグランプリ~秋の陣(10/5) »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の散財 | トップページ | IPPONグランプリ~秋の陣(10/5) »