« ストライクTV(10/3) | トップページ | アイドルマスター(10/6) »

[Wii]ドラゴンクエスト(FC版)

今回は先日買ったWiiの『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ・Ⅲ』よりファミコン版の『ドラゴンクエスト』です。

まずは、基本情報からですが、1986年5月26日エニックスから発売された、ロールプレイングゲームです。
シナリオ堀井雄二氏(当時は『ポートピア殺人事件』が一番有名だったかな)、キャラクターデザイン鳥山明先生(発売したときはもう『ドラゴンボール』やってたっけか?)、サウンドすぎやまこういち先生、プログラムは中村光一さん(今はチュンソフトの社長さん…この人『ドアドア』の頃から知っているなぁ)といった、そうそうたるスタッフにより作られたゲームです。

…オイラは当時パソコンユーザー(といってもMSX)だったので、RPGに関しては『ウィザードリィ』や『ウルティマ』、『ブラックオニキス』、『無限の心臓』あと、『ハイドライドⅡ』などの知識はあったんで、「とうとうファミコンにもRPGがでるのかぁ」程度でジャンプを読んでいたんですが、鳥山明先生のパッケージ絵とモンスターの絵にはかなり心が持っていかれましたねぇ。当時のRPGはキャラクターがアメコミとか劇画っぽいのが多かったんで(海外ゲームの移植がほとんど)、そこだけは羨ましいなぁ…と思っておりました。
オイラ自身は、その後もパソコンユーザーだったためかファミコンを買うことなかったので、この『ドラゴンクエスト』をプレイすることは無かったんですが、大学の頃にスーパーファミコンを買いまして、それで出ていた『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』をプレイすることで初めて『ドラゴンクエスト』に触れることとなりました。
…したがって、今回のファミコン版の『ドラゴンクエスト』は実は初プレイだったりします。

感想…というのもなんですが、プレイしてみてやっぱ時代を感じさせるつくりだなぁ…ってのを実感はしましたね。話しかける時にいちいち方向を入力するとか、「かいだん」、「とびら」などのコマンド、経験値、所持金の最大値65535などシステム面など、25年経った今だとまだ荒削りな部分と、それでもいまだに変わらず貫いているインターフェイスなどの『ドラゴンクエスト』的な部分というのが垣間見えてよかったです。
…まぁ、ゲームとして遊んだ感想は、最近の至れり尽くせりなRPGと違って、ぶっちゃけクリアするまで結構大変だったんですが、それもひっくるめ時代を築いたゲームの第1作を体感できました。

さて、次は続けて『ドラゴンクエストⅡ』(FC版)と行きたいとこですが、ちと未定。
PSPとかPS3でも積みゲーが増えてきているので、そこら辺もプレイしつつ。

|

« ストライクTV(10/3) | トップページ | アイドルマスター(10/6) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストライクTV(10/3) | トップページ | アイドルマスター(10/6) »