« お買い物日記(11/26) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(11/27) »

世にも奇妙な物語2011年秋の特別編(11/26)

フジテレビ土曜日午後9時の「土曜プレミアム」で11月26日に放送された『世にも奇妙な物語2011年秋の特別編』を鑑賞。
…もうそろそろ冬なんですが…。

今回の5作品の感想を書いていきますと

・「憑かれる」
松下奈緒主演。
んーまぁ、普通かな?よくあるネタではあるけれど、怖さ演出は良かったかも。
ただ、オチが微妙。

・「JANKEN」
三浦春馬主演。今回のギャグ枠その1。
こういうネタ好きですw展開がいわゆるカラテキッド風なのも面白い。
これ、毎週やってくれても良いぜw

・「ベビートークA錠」
水川あさみ主演。
コレは怖かったなぁ…なんとなく。特に、最後あたりの依存症っぽくなるシーンとか…。
子供いるご家庭って、結構苦労しているんだろうなぁ…。

・「耳かき」
浅野忠信主演。まさかのギャグ枠2本目。
…でも、コレが一番怖いわw。当分の間、耳かきできんw

・「いじめられっこ」
志田未来主演。
転校生役をどっかで見たことあるなぁ…と思ったら、大後寿々花さん(『セクシーボイスアンドロボ』!!)でしたか。をを、なんか久々に見たわい。
ストーリー的には、『世にも奇妙な物語』内ではかなり使い古されたオチなんですが、天才子役二人が健在だったので許すわぃw

今回は割と見ごたえがあったなぁ。ただ、やっぱ長年見ていると、オチが系統でわかってしまうんだよなぁ…まぁ、短時間で決着つく話なんて限られるから、こんなもんだとはわかっているんだけど、そろそろ斬新なオチの話も見ていたいものだw

|

« お買い物日記(11/26) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(11/27) »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お買い物日記(11/26) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(11/27) »